先日のマラソングランドチャンピオンシップ、ダイハツの松田瑞生選手は惜しくも4位で、東京オリンピック代表には内定されませんでした。

しかし、まだファイナルチャレンジがありますので、最後まで頑張ってほしいと思います。

ところで、東京オリンピックのマラソンといえば、「暑さ対策」が課題になっていますが、9月15日のMGCの時もかなりの高温になりました。

その中で女子選手の多くは白いキャップを着用していましたが、松田選手だけ赤いキャップが目立っていました。きっとMGCに懸ける気持ちの表れだと思いました。

また、次に向けてぜひ頑張ってほしいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA