静岡新聞の “きびキャラ” ちょうすけ-さん をご存じですか?

私も お正月の新聞で初めて知ったのですが なかなかスゴイです!

①これまでを超えていく人。超えたいと思う人。
 性別・年齢・国籍は関係ないが、主に静岡県在住者が対象。
 介は富士山と静岡県の川をそれぞれ指す。等
 
②超介さんのことを見守る神様。鏡もちの姿をしている。頭の蜜柑は、未完のままで終わるなの意味。身体の餅は、真っ白な初心をいつまでも忘れずに、粘り強く 挑み続けよの意味。
超える人には優しいが、超えようとしない人のことは目を見開いて睨みつける。よってドライアイ。お供え物には目薬がいいとされる。等

そして 何といっても超介さんのコメントがスゴイです!

 『富士山は山梨にくれてやるくらいの強い気持ちで』

太っ腹です!!